Dragon Slayer
ドラゴンスレイヤー

contents

攻略・説明

他のページを見る

about

ドラゴンスレイヤー日本ファルコムから発売されたアクションRPGで、ザナドゥ等その後に続いていくドラゴンスレイヤーシリーズの第1作に位置付けられています。PC-8801のような代表的なPCから、スーパーカセットビジョンに至るまで、多くの機種に供給されました。

現在EGGで購入できます。

info

注意

Internet Explorer 6とFirefox 1.5.0.9でレイアウトの確認をしています。その他のブラウザでは未確認なのでご了承ください。

このページの情報はドラゴンスレイヤーLEVEL2.0に基づいています。旧バージョンのLEVEL1.1については異なる部分があります。

更新情報

作ったばっかり。

last update -
0:28 2007/03/05

parameter

体力・攻撃力・防御力と与えるダメージ

HIT POINTS
自分の体力で、0になるとゲームオーバーです。
初期値は1000で、敵の攻撃を受けると減少し、家に入ると経験値まで(経験値が1000以下であれば1000まで)回復します。GOLDを持ち帰ると更に上昇します。最大値は655350です。
STRENGTH
自分の攻撃力で、敵に与えるダメージに影響します。
初期値は500で、パワーストーンを家に持ち帰ると1個あたり2500点上昇し、655000点まで上げられます。
EXPERIENCE
経験値で、敵を倒すと上昇していきます。この数字は防御力としても機能します。
初期値は200で、最大は655350?です。

プレイヤーキャラが敵に与えられるダメージは、単純にプレイヤーの攻撃力から敵の防御力を差し引いた残りとなります。 これが0未満になる場合は10点(最小単位)だけダメージを与えられます。一方、敵から受けるダメージについては、必ずしもその限りではありません。

  • 敵の攻撃力から自分の経験値(防御力)を差し引いた残りが、自分の体力を上回っているような場合であっても、こちらは一撃で倒されることは決してありません。これは、こちらの体力が少なくなった場合、受けるダメージが補正がかかって減少するようになっているためです。
  • 体力にダメージを受ける代わりに、所持金を1奪われることがあります。
  • 敵によっては、体力の代わりに攻撃力や経験値、魔力を減らされることがあります。

その他の数値

GOLD
拾って所持しているお金の枚数で、家に帰ると金1あたり体力を500増加させ消費します。体力が最大の655350を超えない程度まで上昇しきった場合、使いきれないお金は消費せず所持したままにしておけます。
MAGICAL POWER
拾った魔法の壷の個数で、この個数分だけ魔法が使えます。実質的に壷が減少しないBREAKの魔法や、データのセーブ・ロードにも最低1つは所持している必要があります。
CROWN
所持している王冠の個数で、4つ全て集めて家に持ち帰るのがゲームの目的です。しかし、王冠を出現させるには三つ首の竜を倒さねばなりません。また、王冠を1つでも所持していると魔法を使うことはできません。

map and item

地形等

自分のは体力を回復できるプレイヤーの本拠地。自宅ではない家に入ると自宅に瞬時に移動する。指輪を使って動かした家は自宅になる。
墓石の中には怪物の発生源となっているものがある。ただし、ダミーの墓石もあるし、墓石ではない場所が発生源になっていることもある。
ワープゾーンの中に入ると別の場所に瞬時に移動できる。行き先はワープゾーンごとに決まっている。ワープ先にもワープゾーンが存在するとは限らない。
はプレイヤーも怪物も侵入することは出来ない。しかしシーフは壁の影響を受けないし、プレイヤーは指輪の力で動かすことができ、FLYの魔法で飛び越えていくこともできる。
宝箱の中にはアイテム(金・魔法の壷・パワーストーン・指輪・十字架)のほかに死神が入っている。
死神の上や付近を通過すると取りつかれてしまい、魔法を使うことができなくなる。家に入ると取りあえず振り払うことができるが、十字架の上を通過すれば完全に消滅させることができる。

アイテム

以下3種は取ったら取ったままになり置くことはできなくなります。

を家に持ち帰ると、通常の体力回復をした上で金1につき500の体力が加算される。敵の攻撃を受けた時、体力の代わりに金1減らされることがある──これは戦った相手によって損とも得とも言えるだろう。
魔法の壷は魔法を使用すると消費する。多くの魔法は1回あたり1つ消費するが、例外もある。プレイデータのセーブ・ロードも魔法扱いなので魔法の壷を必要とする。なお、シーフは魔法の壷を盗むことはない。
はプレイヤーの攻撃手段で、これを取らないとどんなに攻撃力があっても敵にまともなダメージを与えることは出来ない。なぜか剣を取るとシーフが現れるようになる。

以下4種は1つだけ所持が可能で、何もないところならば(パワーストーンは家にも)置くことができます。持ったままでは他のいかなるアイテムも拾うことはできません。

パワーストーンを家に置くことで攻撃力が2500加算される。逆に、敵をどんなにたくさん倒しても攻撃力は全く上昇しない。パワーストーンのみが攻撃力増加の手段である。
指輪を持っている間、壁や家を動かすことができる。
十字架を持っている間、敵の攻撃を受けなくなる。また、地面に置かれた十字架の上は敵が通ることが出来ないどころか、遠ざかろうとさえする。
十字架の上はシーフも通ることが出来ないため、十字架で囲まれた場所は完全な結界になる。
は宝箱を開けるのに必要である。消費することはない。

この他にも王冠が存在します。王冠は金や魔法の壷のように何個かまとめて持つことができ、何もないところに置いておくことも可能です。

ゲームスタート。画面右に剣があるのが見える。これを取るのが第一目標

シーフ

公式な名前はわかりませんが、シーフと呼ばせてもらいます。
アイテムの上を通る時にそのアイテムを拾ってどこかへ持ち去ってしまうキャラです。持ち去ったアイテムはマップ内のどこかに再び置かれます。


試しに捕獲してみたが、この他にまだ1匹以上いるようだ

置いてあるアイテムのみならず、プレイヤーが所持しているアイテムを盗んでいくことも結構問題です。プレイヤーが持っている十字架等のアイテムはプレイヤーの横に表示されているのですが、ここにシーフが重なると盗まれてしまいます。見かけたらすぐに避けましょう。

地面に置かれている十字架は普通の敵キャラのみならずシーフにも有効です(所持中の十字架は盗まれてしまう)。活用しましょう。

PHASE開始時に3匹ほどいるようですが、王冠を解放するとやたら増えます。


magic

魔法とは別に、経験値が30000に達すると斜めに移動できるようになります。

magicrequiredEXPdescription
JUMP1000あるシーフのいる場所にテレポート。テレポート先に壁や敵が存在すると失敗する(魔力は減らない)。
RETURN2000自分の家にテレポート。テレポート先に敵が存在すると失敗する(魔力は減らない)。
MAP3000自分の周り(PHASEを構成する地形全体のおよそ半分の範囲)の地図や、敵の所在を確認する。あまり具体的な情報はつかめないが、十分便利。
BREAK5000壁を壊す。壁を壊すと減った魔力が戻るため、実質的に消費魔力は0である。
KICK10000壁を蹴飛ばして移動させる。蹴飛ばした壁は何かにぶつかるまで移動し続ける。敵にぶつかった場合はその敵を一撃で倒す。蹴飛ばしても1マスも動かせない場所にある壁は壊れる。敵を倒さなかった場合は消費魔力は戻る。
FREEZE15000自分の周囲の敵を凍らせてずっと行動不能にする。敵1体について魔力1を消費する。
FLASH25000一定ターン数の間、ザコ敵が行動不能になる。三つ首竜やシーフには無効。
FLY50000一定ターン数の間、鳥になって地形に無関係に移動できる。ENTERキーで自発的に魔法を解くこともできるが、壁の上等では魔法が解けない。
SAVE50000現在のプレイデータを記録する。記録するデータは、経験値が3/4に減ったものとなる。
RESTORE0記録したプレイデータを復帰させる。

monster

HP、STR、DEF
モンスターと交戦した時に表示される情報。それぞれ耐久力、攻撃力、防御力(ゲーム中では経験値のアイコンで表示される)。
gain
モンスターを倒した時に得られる経験値。
STR1
モンスターを一撃で倒すのに必要な攻撃力。655000を超えていれば一撃では倒せないことになる。
STR1 = HP + DEF
STR2
一撃で倒せないモンスターについて、最小限の攻撃回数で倒すのに必要な攻撃力。
tms
倒すために最小限必要な攻撃回数。即ち、自分の攻撃力が655000の時にかかる攻撃回数。
tms = [HP / (655000 - DEF)]の小数点切り上げ値
STR2 = (HP / tms) + DEF

ザコ敵の能力・出現順

HPSTRDEFgainSTR1STR2tmsothers
1500300150401650
3000800400803400
2000200016001203600
4200400030001607200
50007500640020011400drain 1M.P.
7500130001100024018500
10000200001140028021400
20000250001780032037800
HPSTRDEFgainSTR1STR2tmsothers
300000350009000360309000drain
3000strength
1000004550036000400136000drain
3000experience
600005800061000440121000
13000700005400048067000
470008500089000520136000drain
3000strength
6000010000051000560111000
5000011500091000600141000
14700013500086000640233000
HPSTRDEFgainSTR1STR2tmsothers
90000150000109000680199000
270000175000270000720540000
348000195000142000760490000
300000220000125000800425000
160000245000141000840301000drain
3000experience
60000270000327000880387000
647000295000110009206580003345002
280000323000111000960391000
HPSTRDEFgainSTR1STR2tmsothers
1500003550002010001000351000
34700038500033000010406770005035002
510000415000100001080520000
3900004500002200001120610000
58800048300034200011609220006320002
3000005000002450001200545000
600000550000400000124010000006000003
650000650000520000128011700006500005


ザコ敵の行動ルーチン

ザコ敵は基本的にプレイヤーキャラを見かけたら向かってきて攻撃を仕掛けてくるわけですが、以下の条件を全て満たすとプレイヤーキャラから逃げようとします。

  • 現状では一撃で倒されてしまう
  • プレイヤーキャラの体力が経験値以上の数値である
  • 敵自身の攻撃力がプレイヤーキャラの経験値未満である
  • STRENGTH、MAGICAL POWERを奪う能力を持たない

簡単に言ってしまえば「まともにダメージを与えられない上にプレイヤーの攻撃一撃でやられてしまう」敵キャラは逃げようとするわけです。但し、プレイヤーが手負いであれば話は別。

一回叩いて一歩下がる

ザコ敵が1ターン行動したあと、プレイヤーは2ターン行動できます。これを利用して、プレイヤーが一撃を与えたら一歩下がって…を繰り返し、一撃で倒せない敵であっても無傷で葬り去ることが可能です。要は「トルネコ」とか「Nethack」でやるようなことがこのゲームでもできるというわけですが、一応アクションゲームなのでボーっとしていると待機したまま1ターン経過してしまいます。注意。

最終的に必要な攻撃力

プレイヤー攻撃力の初期値の500からパワーストーンで2500ずつ上げていると、最終的には653000まで上昇させることができますが、ここから攻撃力を減らす敵の攻撃を受け650000まで下がると、更に655000まで上げることができるようになります。

ただ、上の表を見てもわかるとおり、ザコ敵に対処するには650000あれば十分なので、そこまで細かくこだわる必要は別にありません。

三つ首竜の能力


がんばって胴を倒したが、尾だけ健在

下の表の通り、各パーツごとに個別の能力を持っています。

3つの首は各々高い戦闘能力を持っていますが、斜めに攻撃できないので、こちらが首に対し斜めの位置にいれば一方的に攻撃できます。

胴は攻撃してきませんが、防御力はゲーム中の最大値で、どうがんばっても1ターンに10点しかダメージを与えることができません。試しに倒そうとしてみたんですがどうも6時間ほどかかったようです。しかも倒しても特にゲームに変化はありません。

尾の部分は攻撃を加えることはできません。上に乗るとPHASE開始時にいた場所に跳ね飛ばされます。

なお、竜にはKICK、FREEZE、FLASHの魔法は効きません。また、十字架によって攻撃を防ぐこともできません。

HPSTRDEFgainSTR1STR2tmsothers
65000060000030000009500006250002
650000500000380000010300005966673
650000500000400000010500006166673
655350065535001310700065535

竜を倒し王冠を手に入れる

竜の首を1つでも倒すとゲームに大きな変化がおきます。

  • 直前まで自宅として利用していた家がPHASE開始時の自宅の場所に移動してしまう。
  • 自宅から敵が発生するようになる。
  • 敵の行動速度が倍になる(プレイヤー1ターンに対し敵の行動1ターン)。

これでどうなってしまうのかというと、自宅から敵が発生するようになれば自宅の周りが常に敵だらけになりますし、ゲームを遊んでいるコンピュータが敵の行動の処理に時間を割くようになり、相対的にプレイヤーの行動が遅くなるように見えます。特にいい事はないので、竜を倒す時はちまちまやらずに一度に3本やっつけてしまうのが良いです。

3本やっつけると王冠が解放されますが、解放された瞬間シーフがどこかへ持ち去ってしまうので、がんばって探してください。MAPやFLYの魔法が役に立つでしょう。また、シーフの数自体もかなり増えるようです。

このあたりを踏まえると、竜に立ち向かうまでにしておくことは例えば以下のようになるでしょう;

  • PHASE開始時に自宅のあった場所を壁や十字架で囲んでおき、首を倒した後に敵キャラが野放図に発生するのを防ぐ。
  • 十字架を最低12個用意し、拾った王冠を一時保存する2*2のスペースを用意する。家(自宅でなくともよい)へのアクセスの良いところが良い。
  • MAPの魔法で王冠と同じ色で表示される金やパワーストーン等をなるべく消費しておく。十字架が大量にあるならそれでパワーストーンを置いておけるスペースを確保するのも手。
  • 十字架を最低16個竜の近くまで持っていく手間が惜しくなければ、初めから三つ首竜と封印された王冠を十字架で囲んでおく手もある。竜の首を全て倒した後に発生するシーフは十字架の囲みから出られない。

王冠を全て持ち帰ればPHASEクリアとなり、次のPHASEに挑戦できるようになりますが、能力値は再び初期値に戻ってしまい、セーブできるようになるのに時間と手間を費やさなくてはなりません。あらかじめ王冠を安全な場所に一時置いてからデータをセーブしておけば、後で次のPHASEに挑戦する時楽です。