基本編

Q. 『Web-p』ってなに?
A. 『Web-p』は、Web ch Together Clubメンバー専用のホームページ作成・掲載サービスです。 初心者の方でもとってもかんたんに作成できる「らくちん工房」や、一から作成される方のための素材集、FTPサービス、自作CGI設置など、幅広いレベルやニーズに合わせたコンテンツをご用意しております。 名前の由来は「ホームページ」の正式名称は「Webページ」から。

Q. 『らくちん工房』ってなに?
A. 『Web-p』で提供している、かんたんホームページ作成メニューです。 誰でもお手軽につまりらくちんにホームページを作成することができます。作成の手順はコチラへ!

Q. 「URL」ってなに?
A. URLとは「Uniform Resource Locator」の略です。つまりインターネットのホームページの所在地を表す方法になります。 たとえば、「http://www.xxx.com」「http://www.xxx.or.jp」などがそうです。URLは、アクセス方式、ドメイン名、パス名の順で構成されています。 ちなみに、httpとは「Hyper Text Transfer Protocol」の略でブラウザがホームページファイルをサーバから受け取る方法ということになります。

Q. HTMLとは何ですか? また、どのように使用するのですか?
A. 「Hypertext Markup Language (HTML)」は、簡素なテキスト書式設定言語で、World Wide Web(通常、WWWまたはWebと呼ばれる)のページ、つまりホームページの書式を設定するのに使用します。 『Web-p』のかんたん作成メニュー「らくちん工房」から作成する場合には特に使用する必要はありませんが、覚えると文字の色や大きさを変えたり、表を作成できたりと大変便利な言語です。 ブラウザ上で、マウスを右クリックし「ソースの表示」で表示されたものがHTMLです。英数字がたくさん並んでいて、ちょっとみただけではわかりにくいかもしれませんが、よくみると、「<」と「>」でくくられた文字があります。つまりこれがHTMLタグと呼ばれるもので、このタグが、表示される文字の大きさ、色、画像などを指定する命令の部分となります。

Q. ファイルを保存しようとしたら「このファイル名は無効です。」と表示されますが、どうして?
A. 「/ : ; 、 * “ < > | ? ” 」などの半角文字を使用していたり、ファイル名の先頭、末尾にスペースを使用していると保存できません。 ファイル名にひらがなや漢字は使用することができますが、ホームページ用のファイルであればアルファベットのみを使用することをお薦めします。

Q. 「リンクの設定」ってなに?
A. リンクとは、あるホームページ上から、文字や画像をクリックして別のホームページへジャンプすることができることです。そのジャンプをするための設定をリンクの設定といいます。

Q. 「FTP」ってなに?
A. FTPとは 「File Transfer Protocol 」の略です。あなたのコンピュータとインターネット上の他のパソコン間でファイルをやり取りする転送の手順のことで、インターネットでは一般的な転送方法です。『Web-p』のFTPサービスご利用についての詳細はコチラ。また、FTPソフトのダウンロードはコチラから。

Q. 「CGI」ってなに?
A. CGIとは「Common Gateway Interface」の略です。「HTML」で、いろいろな書式などを設定したりすることができますが、「掲示板」や「アクセスカウンタ」には対応していません。これらをホームページ上で表示させるためには、「CGI」が必要になります。 CGIは、サーバからホームページを表示させる際に、サーバ側でプログラムを起動し、それをホームページとして表示させるしくみを使って、掲示板やチャット、アクセスカウンタなどの機能を実現します。CGI設置についての詳細はコチラ

Q. 「圧縮・解凍」ってなに?
A. 「圧縮」とはファイルサイズを小さくすることです。ファイルサイズが小さくなると、データを保存しておく際にディスクスペースを節約できるとともに、ファイルが添付されているメールをやり取りするときには、転送時間を短くすることができます。また、複数のファイルをまとめて取り扱うためにも使うことができます。 「解凍」とは、圧縮されているファイル(データ)を元の状態に戻すことです。 圧縮・解凍はインターネットでデータのやり取りを行うのには、もはや欠かせない手段です。圧縮や解凍を行うときは専用のソフトが必要ですので、あなたにとって使いやすい圧縮・解凍ソフトを選びましょう。圧縮・解凍ソフトのダウンロードはコチラから。

作成編へ 応用編へ